中学の理科 08 植物のなかま

 

1 単子葉類と双子葉類

 

単子葉類

→ 芽生えの子葉の数は「1枚」で、葉脈は「平行」、根のつくりは「ひげ根」、茎の維管束は「散らばって」いる。

→ トウモロコシ、イネ、ユリなど

双子葉類

→ 芽生えの子葉の数は「2枚」で、葉脈は「網目状」、根のつくりは「主根・側根」、茎の維管束は「輪」の形に。

→ ホウセンカ、アサガオ、キク、アブラナ、タンポポなど

 

 

2 植物のなかまわけ

 

植物は、花がさく植物と、花がさかない植物(イヌワラビ、ゼニゴケ)に分かれる

花がさく植物は、種を作るので「種子植物」という

種子植物は、胚珠が子房につつまれている「被子植物」と、胚珠がむき出しで子房がない「裸子植物」に分かれる

被子植物は、「双子葉類」と「単子葉類」とに分かれる

双子葉類には、花びらが分かれている「離弁花」と、花びらが合わさっている「合弁花」とがある

 

 

 

 <練習問題>です。目を閉じて下さい。

 問題を読み上げ、続いて、1,2,3,と数えたあとに、答えを読み上げます。一緒に、お答えください。

 

第一問 「花がさいて、種子ができる植物を、何といいますか?」

 1、2、3、「種子植物」

第二問 「種子植物を大きく2つに分けたときの2つのなかまを、何といいますか?」

 1、2、3、「被子植物と裸子植物」

第三問 「芽生えが1つの子葉をもつなかまを、何といいますか?」

 1、2、3、「単子葉類」

第四問 「芽生えが2つの子葉をもつなかまを、何といいますか?」

 1、2、3、「双子葉類」

第五問 「主根と側根があるなかまを、何といいますか?」

 1、2、3、「双子葉類」

第六問 「単子葉類の葉脈の特徴は、何ですか?」

 1、2、3、「平行に通っている」

第七問 「輪の形に維管束が並んでいる植物のなかまは、何ですか?」

 1、2、3、「双子葉類」

第八問 「双子葉類を、花びらのつき方で大きく2つに分けるときの2つのなかまを、何といいますか?」

 1、2、3、「合弁花類と離弁花類」

 

 ありがとうございました。