太安万侶 (生年不明から723年)

奈良時代はじめごろの学者で、古事記をまとめた人物。日本書紀の編集にも関係している。
711年に古い神話や歴史をまとめ、翌年、天皇に古事記3巻を献上した。古事記は、上巻は神話、中巻は神武天皇から応神天皇、下巻は仁徳天皇から推古天皇までをまとめている。  

<練習問題>です。目を閉じて下さい。
問題を読み上げ、続いて、1. 2. 3と数えたあとに、答えを読み上げます。一緒に、お答え下さい。 

第一問 学者である太安万侶が天皇に献上した歴史書は何といいますか?
 1. 2. 3. 古事記

第二問 太安万侶が古事記を天皇に献上したのは何年ですか?
 1. 2. 3. 711年

第三問 太安万侶が古事記の他に編集にかかわった歴史書は何といいますか?
 1. 2. 3. 日本書紀

ありがとうございました。



ページのトップへ


トップのページへ戻る