高額療養費

 

高額療養費


国民健康保険に加入されている方が、同一の医療機関で同一月に支払った保険診療分の自己負担額が一定額(注1 下表参照)を超えたとき、その超えた分を高額療養費として支給します。(入院中の差額ベッド代や食事に係る負担額は対象となりません。)
該当者には世帯主宛に申請書を送付します。(申請書の発送は診療を受けた月から概ね3ヶ月後になります。)必要事項を記入し、住民課国保年金係まで提出してください。

  

対象

(平成30年7月まで)

70歳以上の国民健康保険被保険者

 現役並み所得者

 一般

その世帯の世帯主と国民健康保険被保険者が非課税の場合(低所得2)

左記のうち全員が所得0円の場合(低所得1)

1か月の自己負担限度額

外来

 57,600円

14,000円

(年間限度額144,000円)

 8,000円 

8,000円 

入院

 80,100円+(医療費-267,000円)×1%

 57,600

 24,600

15,000

入院時の食事代標準負担額

過去1年間の入院日数が90日まで

 460円

 210

100

過去1年間の入院日数が90日を超える

 160

100

                         

  

対象

(平成30年8月より)

 70歳以上の国民健康保険被保険者

 現役並み所得者

 一般

その世帯の世帯主と国民健康保険被保険者が非課税の場合(低所得2)

左記のうち全員が所得0円の場合(低所得1)

 課税所得690万円以上  課税所得380万円以上  課税所得145万円以上

1か月の自己負担限度額

外来

 252,600円+(医療費-842,000円)×1%※1

 167,400円+(医療費-558,000円)×1%※2

 80,100円+(医療費-267,000円)×1%※3

18,000円

(年間限度額144,000円)

 8,000円 

8,000円 

入院

  57,600円               ※4

 24,600円

15,000円

入院時の食事代標準負担額

過去1年間の入院日数が90日まで

 460円

 210円

100円

過去1年間の入院日数が90日を超える

 160円

100円

  ※1  過去12か月間で同じ世帯での支給が4回以上あった場合、4回目以降は140,100円

  ※2  過去12か月間で同じ世帯での支給が4回以上あった場合、4回目以降は93,000円

  ※3  過去12か月間で同じ世帯での支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円

  ※4  過去12か月間で同じ世帯での支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円

高額療養費に該当する診療日の属する月の翌月の1日から起算して2年をすぎると、時効により支給されませんのでご注意ください。

 

 

限度額適用認定証


高額療養費は基本的に後払いの制度ですが、入院前(または退院精算前)に限度額適用認定申請し、交付された認定証を医療機関へ提示すると、高額療養費で支給されるべき額を請求額から引いて精算され、1ヶ月あたりの窓口負担が軽減されます。
下記に該当し限度額認定証を使用したい方は、住民課国保年金係で申請をしてください。

 

対象

持参するもの

毛呂山町国民健康保険に加入している

・70歳未満の人

・70歳以上で非課税世帯の人

国民健康保険被保険者証

限度額認定証には有効期限があります。有効期限以降に引き続き使用したい場合には、有効期限後に更新手続きが必要です。


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る