出産育児一時金

 

出産育児一時金直接支払制度

出産に伴う費用を「出産育児一時金」として保険者が直接医療機関などに支払うことにより、被保険者には出産費用のうち出産育児一時金を超えた金額が医療機関から請求されます。

この制度を利用する際、役場への申請は不要です。

 

金額

子ども1人についき、40万4千円

※医療機関が産科医療保障制度加入機関の場合は子ども1人についき、42万円

 

ご注意

・直接払いの対応ができない医療機関で出産した場合や、出産費用が出産育児一時金の額を超えない場合は、申請により世帯主に対し出産育児一時金を支給します。その際は、下記にお問い合わせください。

・退職後6か月以内に出産した場合、勤めていた会社の健康保険から出産育児一時金が支給される場合があります(継続して1年以上加入していた場合に限ります)ので、会社などへお問合せください。

・出産の日の翌日から起算して2年をすぎると、時効により支給されませんのでご注意ください。


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る