動画で観る流鏑馬 一覧


 朝的(あさまとう) 31秒
朝的では、三騎が1度ずつ矢を放ち、その後、2度ずつムチを持って走ります。夕的と違って、矢を放つのが1度きりなので、カメラマンにとってはシャッターチャンスが少ないのですが、夕的よりも観客が少ないので、落ち着いて撮影することができます。



 出陣準備(その1)48秒
乗り子が、的宿で正装に着替えている間に、口取り衆が、一の馬から順番に鞍を付け、出陣の準備を行います。



 出陣準備(その2)45秒
毛呂本郷の的宿で乗り子たちは、花笠に陣羽織じんばおり、背中に母衣ほろを背負い、腰には太刀をいて正装します。



 出陣準備(その3)追出の酒盛り37秒
一定の順序で杯をまわし、さらに湯漬けの飯という煮たての少量の飯に湯をかけ、一本の箸で食べる儀式。一本箸で湯漬けを食べる様子は、生きて帰らぬ出陣の厳しさをあらわしています。



 追い出の餅まき48秒
午後2時ごろ、毛呂本郷の的宿を出発した三騎は、中世の在郷領主毛呂氏が最初に居を構えたといわれる榎堂のエノキを回り、神社を目指します。三の馬が通り過ぎたあとに、追い出の餅が派手にまかれます。



 願的(がんまとう)46秒
一の馬のみが一の的で願的を行ないます。願的は先端の重い矢を1回だけ射るもので凱旋の御礼を示すものといわれています。



 矢的(やまとう)46秒
出雲伊波比神社の流鏑馬のクライマックス。馬場脇にあふれんばかりの人だかりができ、矢が射られると、どっと歓声があがり、拍手が沸き起こります。



 扇子・ノロシ32秒
矢的に続いて、扇子、ノロシといった馬上芸が次々と繰り出されます。




 ミカン・モチ51秒
観衆のもう一つのお目当ては、投げまかれるミカンや餅。町特産の福みかんや小さくちぎった餅の行方に一喜一憂、入り乱れての大賑わいとなります。


※動画を閲覧するには、マイクロソフト社が配布しているウィンドウズ メディアプレーヤーが必要です。
 

お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る