毛呂山町歴史民俗資料館のしごと


歴史民俗資料館は過去と現在とを結ぶタイムマシン。
そんな歴史民俗資料館での仕事をちょっとのぞいてみましょう。


1.収集・保存


毛呂山町の考古資料、歴史資料、民俗資料やこれらに関連する資料を系統的に収集し、保存します。 


2.調査・研究


収集した資料は学術的に調査と研究を行い、町の歴史や民俗を正しく解明していきます。その成果は展示等に活用されています。


3.文化財の保護

歴史民俗資料館では、さまざまな理由で失われていく文化財の保護も行なっています。発掘調査による遺跡の保存のほか、一般文化財(石仏等の有形文化財)の調査を行ない、特に毛呂山町の歴史上重要な資料は指定文化財として管理しています。 


4.教育普及


収集・調査・研究された資料は、展示公開されます。また、展示だけでなく町の歴史や民俗に関するさまざまな講座、教室、体験学習会を開催しています。教育普及事業を通じて文化財保護の啓発も行ないます。 




お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る