風水害に備えて

風水害への備え

気象情報に注意のイラスト気象情報に注意する

テレビやラジオで発表される、気象庁からの警報・注意報や、防災行政無線、消防署・消防団・警察署・町からのお知らせ、広報車によるアナウンスなどに注意しましょう。

 

 

むやみに外出した人のイメージイラストむやみに外出しない

外出時には天気を確認し、少しでも危険を感じる場所には近づかないでください。交通機関のマヒなどにより帰りが遅くなる場合は、経路や帰宅予定時間を家族に連絡しましょう。

 

 

家庭の防災会議のイラスト家族で防災会議を開く

いざというときの避難場所や連絡方法などを、日頃から家族で話し合って決めておきましょう。

 

 

停電に備えて懐中電灯・ラジオを確認するイラスト停電に備える

停電に備えて、懐中電灯・携帯ラジオ・予備の電池などを準備しておきましょう。

 

板で窓ガラスを補強するイラスト窓ガラスを補強する

窓ガラスは、外から板でふさいだり、バツ印にガムテープを貼るなどして補強をしましょう。また、割れてしまったガラスが飛ばないように、内側からカーテンを引いてください。

 

非常持ち出し品のイラスト非常持出品の準備

避難勧告や指示が出た時、すぐに動けるように、非常持出品の準備をしておきましょう。

  

 

洪水が起きたら?(避難するときの心得)


安全な服装のイラスト安全な服装で

必ずヘルメットや防災ずきんをかぶり、頭を保護します。靴は、ひもでしめられる運動靴を履いてください。はだしや長靴は危険です。

 

水の深さのイラスト歩ける深さ

水深が50cm(ひざ上)を上回る場所での避難は危険です。水の流れが速い場所は、水深20cm程度でも歩けないことがあります。このような場合は、決して無理をせず、高所で救援を待ちましょう。

 

子どもと高齢者といっしょに避難するイラスト子どもや高齢者を救護

高齢者や病人などは背負って避難してください。幼児は浮き袋、乳児はベビーバスなどを利用して、安全を確保しましょう。

 

ロープで身体をつないで避難するイラストロープでつながる

避難の際は、はぐれないようにお互いの体をロープで結んで移動します。特に、子どもからは目を離さないでください。

 

足元に注意して避難するイラスト足元に注意

水面下にはどんな危険が潜んでいるか分かりません。長い棒を杖がわりにして、水面下の安全を確認しながら歩きましょう。

 

河原に居る人のイラスト河原では

上流の豪雨による急な増水や土崩れの危険があるので、雨のときには川に近寄らないのが一番です。もし河川にいるときに警報が聞こえたら、すみやかに避難してください。

 

浸水する車のイラスト車の運転中は

できるだけ道路の中心寄りの、水が少ない場所を走り、ゆっくりと高台へ避難しましょう。浸水でエンストしても、エンジンを傷めるので再始動はしません。

 

避難指示のイラスト避難行動はすみやかに

急時こそ落ち着いて、消防団や自主防災組織の指示に従ってすみやかに行動しましょう。

 

 

風の速さと被害

平均風速
(m/秒)

予報用語

想定される被害

10以上
15未満

やや強い風

風に向って歩きにくい。

取り付け不完全なトタン板が飛ぶ。

15以上
20未満

強い風

風に向って歩けない。

高速道路で通常速度での運転が困難。

20以上
25未満

非常に強い風
(暴風)

物につかまってしっかりと立たないと転倒する。

飛来物でガラスが割れる。

25以上
30未満

立っていられない。車の運転は危険。ブロック塀が壊れる。

30以上

猛烈な風

屋根が飛ばされる。木造住宅の全壊が始まる。

 

 

雨の強さと被害

1時間雨量
(ミリ)

予報用語

想定される被害

10以上
20未満

やや強い雨

ザーザーと降る。

雨の音で話し声が良く聞き取れない。

20以上
30未満

強い雨

どしゃ降り。

下水や小川があふれ、小さながけ崩れが発生。

30以上
50未満

激しい雨

バケツをひっくり返したような雨。

がけ崩れが起こりやすい。

50以上
80未満

非常に激しい雨

滝のように降り、地下に水が流れ込む。

土石流が起こりやすい。

80以上

猛烈な雨

大規模な災害が発生する恐れが強い。

厳重な警戒が必要。

 


お問い合わせ 総務課
代表:049-295-2112   
mail: soumu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る