養蚕と機織り

養蚕展示風景 埼玉県も、かつては群馬県についで養蚕と機織りが栄えた地です。毛呂山もまた、養蚕と機織りが主要産業となった時代がありました。
 明治期に入り、養蚕の飼育法に改良が加えられ、次第に養蚕を行う農家が増え、大正期には農家の貴重な現金収入源として、ますますさかんになりました。
 はじめは繭から糸を取り、紡いで糸染めし、機織りをして出荷していましたが、機織りが工場などで専業に行われるようになると、繭として出荷することが一般的になっていったようです。

これだけ栄えた養蚕も、繭価の下落とともに衰退し、現在では、町内でわずか2件が養蚕を行っているだけです。
<養蚕コーナーの展示風景>

 

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る