学校の資料館利用

 当館では、学校教育と連携して、さまざまな形で子供たちの郷土学習のお手伝いをしています(一部を紹介します)。

 

出前授業
・町内で出土した土器や石器などの実物資料を使って、授業を行います。(小学校6年生)
・学校の朝会で、郷土のまつり・流鏑馬や縄文時代のくらし、古墳のはなし、郷土の偉人などをテーマに、写真をスクリーンに映しながらお話をしました。(全校生徒対象)
 

団体見学
・展示資料の見学と合わせて、昔のくらしを体験しています。ねこコタツ、石臼、ヒノシ(炭を使う昔のアイロン)、洗濯板などの昔の道具を実際に使います。(小学校4年生)

※体験学習は、資料館サポーターの皆さんがボランティアスタッフとして指導しています。
                                     

社会体験チャレンジ 
・中学校1年生が仕事の体験に来ます。遺跡の発掘調査や収蔵資料の清掃など、資料館の仕事の一部を体験しています。

 

 

 

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る