学校施設耐震化の状況

 

1 耐震化の要旨

   学校施設は、児童生徒が1日の大半過ごす学習・生活の場であるとともに、非常災害時には地域住民の避難場所・防災拠点としても重要な役割を担っており、その安全性の確保は極めて重要になっています。このような状況を踏まえ、発生が危惧されている大規模地震に備え、耐震性が低いとされている昭和56年以前の建物の耐震化を計画的に推進していくため、学校施設の耐震化年次計画のもと補強工事を進めてきました。
 
   
 

2 耐震化年次計画の期間

   平成20年度~平成27年度
 
   
 

3 補強工事の対象

 

 平成25年4月現在で、町立小中学校は、小学校4校、中学校2校であり、棟数にすると29棟となります。そのうち23棟は 注1 新耐震基準設定前に建設されたもので、そのうち9棟は 注2・3 耐震診断の結果、耐震性があると診断されており、残りの14棟はすでに補強工事を完了しています。

 
   
 

4 耐震化工事の成果

   

 平成24年度までに全ての補強工事を完了し、耐震化率100%を達成しました。

 
   
 

5 耐震化工事の重点項目

   耐震化工事については、児童生徒が学校生活の大半を過ごす校舎を優先します。また、危険度の高い 注4 Is値が0.3未満の棟(1棟)及びIs値が0.3未満と想定される 注5 耐震化優先度調査でランクが2以下の棟(1棟)を最優先で実施することとし、平成24年度までに耐震化工事を完了させました。

 

 

 

  

 

 ◇ 毛呂山町の学校施設耐震化の状況     -平成25年4月1日現在-

 
 
区分 校舎・体育館の棟数 診断実施率
(簡易診断含む)
cのうち補強不要
d
cのうち補強済
e
計画の対象となっている棟
c-(d+e)
耐震化率
(b+d+e)/a)
合計
a
新耐震適合
b
診断対象
c
小学校 19 1 18 100% 8 10 0 100%
中学校 10 4 6 100% 1 5 0 100%
合計 29 5 24 100% 9 15 0 100%


お問い合わせ 教育総務課
代表:049-295-2112   
mail: ksoumu@town.moroyama.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

ページのトップへ


トップのページへ戻る