使ってみませんか ジェネリック医薬品

 ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許期間が過ぎたあと新薬と同じ有効成分で製造した薬のことです。新薬に比べて開発費を抑えられるため、価格はさまざまですが、新薬より安価なものが多いので、ジェネリック医薬品を選ぶことは、医療費の負担軽減に有効です。



 品質と安全性

ジェネリック医薬品は長年使われてきた新薬と同じ有効成分で製造されており、薬事法に基づいた厳正な審査を経た上で流通しています。
新薬と同じ速さ・同じ量で、薬の成分が血液中に入っていくかどうかを調べる試験など、品質や安全性が確認された上で販売されています。また、販売後も品質が保たれているかどうかを確かめられています。



 ジェネリック医薬品希望シールを利用しましょう

ジェネリック医薬品の普及促進のために、「ジェネリック医薬品希望シール」をご利用ください。
保険証やお薬手帳などに希望シールを貼ることで医療機関や薬局の窓口でジェネリック医薬品の利用を希望することができます。(医師の診察により、利用できない薬もあります。)
シールは住民課国保年金係窓口にて配布しています。

 

 

ジェネリック医薬品Q&A リンク
 


 


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る