手続きをしないと年金はもらえません

 加入期間や年齢などの条件が揃うと年金をもらう権利(受給権)が発生しますが、実際に年金をもらうためには裁定請求の手続きが必要です。

 老齢年金の請求先は、加入していた年金制度により異なりますのでご注意ください。

あなたの状況

請求書提出先

最後に加入していた年金制度が国民年金

1号期間のみの人

市町村

3号期間のみの人

住所地を管轄する年金事務所

厚生年金+国民年金

住所地を管轄する年金事務所

最後に加入していた年金制度が厚生年金

厚生年金のみ

最後に勤務した会社を管轄する年金事務所

厚生年金+国民年金+共済組合

最後に勤務した会社を管轄する年金事務所と加入した各共済組合

最後に加入していた年金制度が共済組合

国民年金+厚生年金+共済組合

加入した各共済組合と住所地を管轄する年金事務所

国民年金+共済年金

注 請求に当たっては裁定請求書のほか年金手帳・戸籍謄本・請求者名義の預金通帳などをご用意いただく必要があります。

注 必要な書類は、個々のケース(加入歴、家族構成)によって変わりますので、事前に請求先までお問合せください。

注 裁定請求の受付は60歳誕生日の前日以降になります。(老齢基礎年金は65歳前に繰り上げて請求する場合は減額になりますのでご注意ください)


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る