保険料の納付が困難な場合

 所得が少なく、国民年金保険料の納付が困難な時は「保険料免除制度」、50歳未満の人には「納付猶予制度」、学生の人には「学生納付特例制度」があります。

 納付が困難ということで未納のままにすると、将来の年金額が少なくなったり、障害年金を受けることができなくなったりしますのでご注意ください。

 

 国民年金保険料免除制度の申請

 所得に応じて「全額免除」「4分の1納付」「半額納付」「4分の3納付」の4段階の免除があります。

 所得が少なく、国民年金保険料の納付が困難な時は、国保年金係に申請書を提出し、都道府県の日本年金機構事務センターで所得等を審査され、承認を受けると、その期間の国民年金保険料の全額または一部の納付が免除になります。

 申請者本人、申請者の配偶者、世帯主のそれぞれが所得等の定められた基準に該当することが要件となります。

 なお、国民年金保険料免除の承認期間は7月から翌年6月までとなります。

 

 ※平成26年4月から、申請時点の2年1ヵ月前の月分まで申請ができるようになりました。

  ただし、申請期間に対応する前年所得に基づき、審査が行われますので、免除が承認されない場合があります。

 

 納付猶予制度の申請

 50歳未満の人で、国民年金保険料の納付が困難な時は、国保年金係に申請書を提出し、都道府県の日本年金機構事務センターで所得等を審査され、承認を受けると、その期間の国民年金保険料の納付が猶予されます。

 申請者本人、申請者の配偶者それぞれが所得等の定められた基準に該当することが要件となります。

 なお、納付猶予の承認期間は7月から翌年6月までとなります。

※平成26年4月から、申請時点の2年1ヵ月前の月分まで申請ができるようになりました。

  ただし、申請期間に対応する前年所得に基づき、審査が行われますので、猶予が承認されない場合があります。

 

 

 学生納付特例制度の申請

 学生で、国民年金保険料の納付が困難な時は、国保年金係に申請書を提出し、都道府県の日本年金機構事務センターで所得等を審査され、承認を受けると、その期間の国民年金保険料の納付が猶予されます。

 学生本人が定められた基準に該当することが要件となります。

 なお、学生納付特例の承認期間は4月から翌年3月までとなります。

 

※平成26年4月から、申請時点の2年1ヵ月前の月分まで申請ができるようになりました。

  ただし、申請期間に対応する前年所得に基づき、審査が行われますので、猶予が承認されない場合があります。

 

 

 

 

老齢基礎年金を受けるための資格期間には

受け取る老齢基礎年金は

障害年金や遺族基礎年金を受けるときは

後から保険料を納めることは(追納)

平成21年3月以前の免除期間

平成21年4月以後の免除期間

全額免除

受給資格期間に入ります

年金額に3分の1が反映されます

年金額に2分の1が反映されます

保険料を納めたときと同じ扱いになります

免除等を承認された期間は納期限から10年以内であれば納めることができます。(納期限から3年過ぎた場合、加算額がつきます)

4分の1納付(4分の3免除)

保険料の4分の1を納めると受給資格期間に入ります

年金額に2分の1が反映されます

年金額に8分の5が反映されます

保険料の4分の1を納めると受給資格期間に入ります

半額納付(半額免除)

保険料の半額を納めると受給資格期間に入ります

年金額に3分の2が反映されます

年金額に4分の3が反映されます

保険料の半額を納めると受給資格期間に入ります

4分の3納付(4分の1免除)

保険料の4分の3を納めると受給資格期間に入ります

年金額に6分の5が反映されます

年金額に8分の7が反映されます

保険料の4分の3を納めると受給資格期間に入ります

納付猶予

受給資格期間に入ります

年金額に反映されません

保険料を納めたときと同じ扱いになります

学生納付特例

未納

受給資格期間に入りません

年金を受けられない場合もあります

2年を過ぎると納めることができません

 

 

 


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る