国民年金保険料について

 

 

 第1号被保険者及び任意加入被保険者はご自身で国民年金保険料をお納めいただきます。

 

定額保険料

  

平成28年度

月額

16,260

平成29年度

月額

16,490

平成30年度

月額

16,340

年度とはその年の4月1日から翌年3月31日までです。

 

 

国民年金保険料は翌月末日納付期限ですが、納期限から2年以内であれば、保険料を納めることができます。しかし、2年を過ぎると時効となり、納めることが出来なくなりますのでご注意ください。

 保険料の未納期間があると、老齢基礎年金の額が減ってしまいます。また、障害年金や遺族年金が受けられない場合があります。

 国民年金の加入は10年でなく、60歳になるまでになります。10年は年金受給資格要件であるだけで、通過点に過ぎません。40年間納めていただいた人が受け取る満額の年金が、最低限の生活を保障する金額になりますので、老後を考え、ご対応ください。

※平成29年8月から年金受給資格要件は「25年以上」から「10年以上」になりました

 

 【保険料の割引について】

 年金保険料を前納(一括)払いされると保険料の割引があります。

 また、保険料を口座振替にされると、引落しの条件によっては割引があります。

 

 ※口座振替の方法………翌月引落、早割(当月引落)、6ヵ月前納、1年前納、2年前納

   申込方法………………口座振替申出書に必要事項を記入・押印(金融機関の届出印)し、お近くの年金

                  事務所に郵送または、年金事務所、金融機関の窓口に提出してください。

   申込期限………………2年前納、1年前納及び上期6ヵ月前納(4月分から9月分)は、2月末までに

                 (2年前納は、平成26年度より始まった口座振替方法です)

                  下期6ヵ月前納(10月分から翌3月分)は、8月末までに  

 

 ご希望の人は最寄の年金事務所へお問合せください。

 


 

 

 受給する年金額を増やしたい場合

 

付加保険料

 定額保険料に上乗せして納めていただくことで、老齢基礎年金を受け取る際、上乗せされる形で付加年金が支給されます。

月額

400円

 付加保険料は第1号被保険者または任意加入被保険者の人が対象です。届出いただいた月の分からの納付になりますので、希望される人は届出ください。

 ただし、保険料の免除を受けている人及び国民年金基金の加入員は付加保険料の申出ができません。

 

国民年金基金

 国民年金基金は、自営業など国民年金第1号被保険者の人(60歳未満)がサラリーマンなどの第2号被保険者と同様に「2階建て」の年金を受け、豊かな老後が過ごせるよう設立された公的な年金制度です。

 掛金をお支払いすることで、老齢基礎年金に上乗せした年金が支給されます。また、掛金は社会保険料控除の対象になります。

 加入できるのは第1号被保険者(60歳未満)の人ですが、下記に該当される方は加入できません。

1.農業者年金に加入している人または加入すべき人

2.国民年金保険料を免除されている人

3.海外にお住まいの人

 詳しいお問合せにつきましては埼玉県国民年金基金にお問合せください。

 


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る