国民年金の被保険者について

 日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人は、国民年金に必ず加入する必要があります。

 国民年金の種別

種別

該当

加入手続き

第1号被保険者

20歳以上60歳未満の自営業者、学生、自由業者、無職の人

国保年金係

第2号被保険者

会社員、公務員等

届出は勤務先が行います

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている妻(夫)で20歳以上60歳未満の人

第2号被保険者の勤務先

任意加入被保険者

・日本国内に住所がある60歳以上65歳未満の人(年金額を満額に近づけたい人や年金受給資格期間が足りない人)

・上記の方で65歳に達しても年金受給資格期間が足りない人が、70歳になるまでの期間で受給権が確保できる場合、加入期間を延長できます。(昭和40年4月1日以前生まれの人に限ります)

・海外に在住している日本人で20歳以上65歳未満の人

 

川越年金事務所または国保年金係

 

 第1号被保険者及び任意加入被保険者の保険料は平成30年度月額16,340円で、毎月の保険料は納付期限(翌月末日)までにお納めください。 なお、平成31年度月額は16,410円となります。

 また、任意加入被保険者の保険料納付は原則、口座振替となります。

 第2号被保険者の保険料は厚生年金・共済組合等の保険料(国民年金分を含みます)をお納めいただきます。第3号被保険者の保険料は配偶者の加入する厚生年金・共済組合が負担するしくみになっています。

 

加入手続きについて

  主に以下のようなときに、国民年金の手続きが必要になります。                                                                                                                                                                        ※手続きには本人確認書類と個人番号通知カード又は個人番号カードが必要です。 

事由

手続き

届出先

20歳になったとき

厚生年金、共済組合の加入者以外は国民年金に加入の手続きをする

第1号被保険者→国保年金係

第3号被保険者→配偶者の勤務先

会社を退職したとき

国民年金に加入の手続きをする(被扶養配偶者も同様)

国保年金係 
※必要なもの
年金手帳・印鑑・退職日が確認できる書類             

結婚や退職等で配偶者の扶養になったとき

第2号被保険者への種別変更の手続きをする

配偶者の勤務先

配偶者の扶養からはずれたとき

第2号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをする

国保年金係
※必要なもの
年金手帳・印鑑・健康保険資格喪失証明書

配偶者が会社をかわったとき

引き続き第3号被保険者となる手続きをする

配偶者の新しい勤務先

海外に居住するとき

任意加入の手続きをする

これから海外に居住する→国保年金係

現在海外に居住している→最後に居住していた市区町村管轄の年金事務所

任意加入しない

市区町村

年金手帳をなくしたとき

再交付の手続きをする

第1号被保険者→市区町村

第3号被保険者→年金事務所

 


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る