毛呂山町自主防災組織

■ 自主防災組織とは
 自主防災組織とは「自分たちの地域は自分たちで守る」という自覚・連帯感に基づき、地域の方々が自発的に初期消火、救出・救護、集団避難、給水・給食などの防災活動を行う団体(組織)のことをいいます。

 

■ 自主防災組織はなぜ必要なのか
 地震による家屋の倒壊や火災、台風等による河川の氾濫など自然災害が発生した場合、消防組合、消防団の消防機関及び役場は、全力をあげて復旧活動をおこないますが、災害発生直後の多数の被災者に対し、迅速に対応することは非常に困難であります。
 このような状況下において、より地域の被害を少なくするのが近隣の住民の助け合いの力です。そのために普段より地域において、防災知識の普及や防災訓練を行うことが必要不可欠になります。

 

■ 自主防災組織に対する補助金について
 町では、自主防災組織の運営や防災資器材購入に必要な費用の補助金を交付しています。

 いずれも、毎年申請が可能ですので、計画的に補助金を利用して、防災力の向上に役立てて下さい。

 

 ・毛呂山町自主防災組織防災資器材購入費補助金様式

 

 申請書一式(Word文書)  請求書(Word文書)  実績報告書一式(Word文書) 

 

  限 度 額 備   考
運営費補助金 2万円 1行政区につき2万円
防災資器材購入費補助金 5万円

資機材購入に係る費用※の2分の1(上限5万円)

 

※ 平成30年度から保存年限4年以上の災害用備蓄品(アルファ米や飲料水等)も対象となりました。

 

■ 毛呂山町の自主防災組織(平成30年9月現在、32組織42行政区)
 

地区名

団体名

学園台

学園台自衛消防隊

むさし野自治会

むさし野自治会自主防災組織

苦林

苦林消防防災隊

第一団地(1~5区)

第一団地自主防災委員会

大類

大類地区自衛消防団

西大久保

西大久保自治消防隊

下川原

下川原自主防災隊

角木団地

角木団地地域安全防災・防犯会

沢田

沢田区自主防災・防犯会

岡本団地

岡本団地自主防災防犯部

大師一区

大師一区自主防災組織

玉林寺

玉林寺地区自主防災組織

第六団地

第六団地地区防災・防犯組織の会

総庭団地

総庭団地自主防犯防災組織

第二団地(1~6区)

第二団地町内会自主防災組織

平山

平山区自主防災組織

シャルマンコーポ毛呂山

シャルマンコーポ毛呂山自治会自主防災組織

毛呂山台

毛呂山台防犯・防災ネットワーク

新南台

新南台自主防災NW(ネットワーク)

西戸

西戸自主防災組織

双葉団地

双葉団地自主防災組織

日生団地

日生団地自主防災組織

大師二区

大師二区自主防災組織

ゆずの木台

ゆずの木台自主防災組織

前久保

前久保自主防災・見守りネットワーク組織

第四団地

第四団地自主防災組織

東原団地

東原団地自主防災組織

滝ノ入

滝ノ入自主防災組織

第九団地

第九団地自主防災防犯組織

阿諏訪地区 阿諏訪自主防災組織
日化団地 日化団地自主防災組織
長瀬一区 長瀬一区自主防災組織

 


お問い合わせ 総務課
代表:049-295-2112   
mail: soumu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る