江戸時代22の村むら

江戸時代22の村むら展示風景


 新たに関東の支配者となった徳川家康の方針で、埼玉県域は川越、忍(行田市)、岩槻といった拠点を城下町として与えた以外は、天領(幕府直轄地)となり、県域の大部分が代官の支配下におかれました。毛呂山も例外ではなく、22もの村に細分化され、正保年間(1644~47)頃より代官にかわって、旗本(1万石未満の幕府の家来)が知行地として治めるようになると、約20の旗本、大名の支配を受けることになりました。

 

 

 

 

 

 

《天保4年毛呂郷の大絵図(複製)展示風景》

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る