後退道路用地等の報償金及び補助金について

   町内には、道路等の都市基盤が整備されないうちに住宅が建ち並んだ地域がたくさんあります。このような地域では、車や人の通行に支障をきたし、火災や地震等の災害時の緊急活動が困難となります。

   そこで、毛呂山町では、建築基準法第42条第2項に規定する幅員の狭い道路を解消するため、建築主等のご理解とご協力のもと、用地の無償提供に対する報償金及び測量及び分筆登記に対する補助金を交付し、ご提供いただいた用地は町が道路整備することにより、安全で良好な生活環境の実現を目指します。

 

 

●  適用範囲 

   1. 建築基準法第42条第2項の規定による道路で町道であること

   2. その他町長が必要と認める道路

   3.  上記に係る道路のすみ切りの用地   

 

 

● 適用除外区域

   1. 土地区画整理法に基づく土地区画整理事業の認可をうけた区域

   2. 毛呂山町開発行為等協議要綱に基づく事前協議をした区域

   ※道路拡幅計画等がある場合は、各事業の基準によります。

 

 

● 補助金及び報償金

   1. 測量及び分筆登記費用に対する補助金

      20万円(上限)

   ※隣地境界、道路境界が確定していない場合、境界を確定する費用は個人負担となります。

   2. 後退用地等の無償譲渡に対する報償金

   ※後退用地の面積に応じて下表の報償金をお支払いします。

 

    報償金交付基準一覧

後退用地の面積

報償金

   2平方メートル以下

8,000円

   2平方メートルを超え4平方メートル以下

16,000円

   4平方メートルを超え6平方メートル以下

24,000円

   6平方メートルを超え8平方メートル以下

32,000円

   8平方メートルを超え10平方メートル以下

40,000円

   10平方メートルを超え12平方メートル以下

48,000円

   12平方メートルを超え14平方メートル以下

56,000円

   14平方メートルを超え16平方メートル以下

64,000円

   16平方メートルを超え18平方メートル以下

72,000円

   18平方メートルを超え20平方メートル以下

80,000円

   20平方メートルを超え22平方メートル以下

88,000円

   22平方メートルを超え24平方メートル以下

96,000円

   24平方メートルを超え26平方メートル以下

104,000円

   26平方メートルを超え28平方メートル以下

112,000円

   28平方メートルを超えるもの

120,000円


 

※後退用地内にある既存のブロック塀、門等は原則として補償しません。
※すみ切り用地の無償譲渡に対する報償金は、1箇所につき、5万円です。

 

● 毛呂山町後退道路用地等整備要綱の概要(603KB)(PDF文書)

 

申請書等の様式について


お問い合わせ まちづくり整備課 開発建築係
代表:049-295-2112(内線158.159)   fax:049-295-0771
mail: mati@town.moroyama.saitama.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

ページのトップへ


トップのページへ戻る