○毛呂山町住民票の写し等の第三者不正取得に係る本人通知実施要綱

平成26年10月30日

告示第126号

(目的)

第1条 この要綱は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号。以下「住基法」という。)又は戸籍法(昭和22年法律第224号)の規定に基づく住民票の写し等の交付が第三者の不正な請求によるものであった場合において、本人に対しその交付の事実を通知することにより、住民票の写し等の不正請求及び不正取得による個人の権利の侵害の抑制及び防止を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において「住民票の写し等」とは、次に掲げるものをいう。

(1) 住民票の写し、消除された住民票の写し、住民票に記載をした事項に関する証明書及び消除された住民票に記載をした事項に関する証明書で住基法第7条第5号に掲げる事項が記載されたもの

(2) 戸籍の附票の写し及び消除された戸籍の附票の写し

(3) 戸籍の謄本又は抄本、戸籍に記載した事項に関する証明書、除かれた戸籍の謄本又は抄本及び除かれた戸籍に記載した事項に関する証明書並びに磁気ディスクをもって調製された戸籍又は除かれた戸籍に記録されている事項の全部又は一部を証明した書面

2 この要綱において「第三者」とは、次に掲げる者をいう。

(1) 住基法第12条第1項又は第20条第1項の規定により住民票の写し等を請求する者の代理人

(2) 住基法第12条の3又は第20条第3項若しくは第4項の規定により住民票の写し等が必要である旨の申出をする者

(3) 戸籍法第10条第1項(同法第12条の2において準用する場合を含む。)の規定により住民票の写し等を請求する者の代理人

(4) 戸籍法第10条の2(第2項及び第6項を除く。)(同法第12条の2において準用する場合を含む。)の規定により住民票の写し等を請求する者

3 この要綱において「本人」とは、不正取得された住民票の写し等に記載された者及びその法定代理人をいう。

(通知)

第3条 町長は、住民票の写し等が次に掲げる事項により、第三者に不正取得されたことが明らかであるときは、第三者による住民票の写し等の不正取得について(別記様式)により本人にその旨を通知するものとする。

(1) 法務局、都道府県その他の機関から不正取得に関する通知があったとき。

(2) 法務局、都道府県その他の機関に照会し、不正取得の事実が確認できたとき。

(3) 裁判所の判決により不正取得であることが確定したとき。

2 前項の規定にかかわらず、本人が死亡した場合、失跡宣告を受けた場合又は所在が確認できない場合は、通知を行わない。

(その他)

第4条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成26年11月1日から施行する。

画像

毛呂山町住民票の写し等の第三者不正取得に係る本人通知実施要綱

平成26年10月30日 告示第126号

(平成26年11月1日施行)

体系情報
第3編 一般行政/第4章
沿革情報
平成26年10月30日 告示第126号