○毛呂山町老人クラブ等補助金交付要綱

平成25年3月22日

告示第29号

(趣旨)

第1条 この要綱は、老人福祉法(昭和38年法律第133号)第13条第2項に基づき、高齢者の福祉の増進を図るため、町内の老人クラブ及び老人クラブ連合会(以下「老人クラブ等」という。)が行う事業に対し、予算の範囲内において補助金を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。

2 前項の補助金の交付に関しては、毛呂山町補助金等交付規則(平成23年毛呂山町規則第1号)に定めるもののほか、この要綱に定めるところによる。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 老人クラブ 次に掲げる要件のいずれにも該当する単位老人クラブをいう。

 行政区又はそれに準じる小規模の地域を活動の拠点とし、当該地域の高齢者が自由に参加できるものであること。

 団体を構成する者(以下「会員」という。)の年齢がおおむね60歳以上であること。

 年間を通じて恒常的に活動し、生きがいづくりや健康づくりを進める活動をはじめとした地域を豊かにする活動を実施していること。

(2) 老人クラブ連合会 毛呂山町連合寿会をいう。

(補助対象事業)

第3条 老人クラブの補助対象事業は、次に掲げるとおりとする。

(1) 社会奉仕活動事業

(2) 友愛訪問活動事業

(3) 地域見守り活動事業

(4) 教養講座等開催事業

(5) スポーツ活動等健康増進事業

(6) その他町長が高齢者の福祉の増進を図るため必要と認める事業

2 老人クラブ連合会の補助対象事業は、次に掲げるとおりとする。

(1) 活動促進事業

(2) 健康づくり・介護予防支援事業

(3) 地域支え合い事業

(4) 若手高齢者組織化・活動支援事業

(5) その他町長が高齢者の福祉の増進を図るため必要と認める事業

(補助金額)

第4条 老人クラブ等に対し交付する補助金額は、次のとおりとし、会員数は、毎年4月1日現在の数とする。

対象

単位

補助金額(年額)

老人クラブ

1クラブ

10,000円

1会員(60歳以上の者に限る。)

1,000円

老人クラブ連合会

1連合会

300,000円

2 前項に規定する補助金額は、毎年度予算の範囲内とし、10円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てる。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする老人クラブ等は、毛呂山町老人クラブ等補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して町長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 役員名簿

(4) 会員名簿

(5) その他町長が必要と認める書類

(補助金の交付決定)

第6条 町長は、前条の交付申請の内容を審査し、適正であると認めたときは、毛呂山町老人クラブ等補助金交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(補助金の交付請求)

第7条 前条の規定により補助金の交付決定の通知を受けた老人クラブ等が補助金の交付を請求するときは、毛呂山町老人クラブ等補助金交付請求書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(状況報告)

第8条 老人クラブ等は、町長から要求があったときは、補助対象事業の遂行状況について速やかに書面により報告しなければならない。

(実績報告)

第9条 老人クラブ等は、会計年度終了後速やかに、毛呂山町老人クラブ等補助金実績報告書(様式第4号)に次に掲げる書類を添付して町長に提出しなければならない。

(1) 事業報告書

(2) 収支決算書

(3) その他町長が必要と認める書類

(額の確定)

第10条 町長は、前条の実績報告に係る書類の内容を審査し、その成果が補助金の交付決定の内容に適合すると認めたときは、交付すべき補助金額を確定し、毛呂山町老人クラブ等補助金交付額確定通知書(様式第5号)により通知するものとする。

(帳簿の整理)

第11条 老人クラブ等は、補助対象事業に係る収入及び支出を明らかにした帳簿を備え、証拠書類を整理し、かつ、補助対象事業の完了後5年間保管しておかなければならない。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第31号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

毛呂山町老人クラブ等補助金交付要綱

平成25年3月22日 告示第29号

(平成28年4月1日施行)