○毛呂山町福祉会館条例施行規則

平成18年6月15日

規則第22号

(趣旨)

第1条 この規則は、毛呂山町福祉会館条例(平成18年毛呂山町条例第34号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(利用等の許可手続き)

第2条 条例第5条第1項の規定による利用の許可を受けようとする者は、当該許可に係る施設等の利用を開始しようとする日前1年以内(町外居住者の場合は10月以内)に、毛呂山町福祉会館利用許可申請書(様式第1号)を、町長に提出しなければならない。

2 許可に係る事項を変更しようとするときは、毛呂山町福祉会館利用変更申請書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

3 条例第5条第1項の許可は、毛呂山町福祉会館利用許可証(様式第3号)を交付して行うものとする。変更による許可も同様とする。

(利用期間)

第3条 会館の施設等(以下「施設等」という。)を引き続いて利用することができる期間は、5日とする。ただし、町長は、必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(造作等の制限)

第4条 利用権利者は、利用のため会館の施設等に特別の設備をし、又は造作を加えようとするときは、町長の承認を受けなければならない。

(附属設備等の使用料)

第5条 条例別表第3項の規則で定める額は、別表のとおりとする。

(使用料の納付)

第6条 利用者は、許可書の交付と引き替えに使用料を納付しなければならない。ただし、町長が特別の事情があると認めたときは、この限りでない。

第7条及び第8条 削除

(遵守事項)

第9条 利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 利用の許可を受けた施設以外に立ち入らないこと。

(2) 許可を受けずに会館内において、寄附の募集、物品の販売又は飲食物等の提供をしないこと。

(3) 許可を受けずに火気等を使用し、又は所定の場所以外において喫煙しないこと。

(4) 許可を受けずに備え付けた備品等を移動しないこと。

(5) その他会館の管理上支障があると認められる行為をしないこと。

(入館の禁止等)

第10条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認められる者に対しては、入館を禁止し、又は退館を命ずることができる。

(1) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑となる行為をする者

(2) その他会館の管理上支障がある者

(損壊の届け出等)

第11条 施設等を損壊し、又は滅失した者は、速やかに町長に届け出てその指示に従わなければならない。

(利用終了の届出)

第12条 利用権利者は、会館の施設等の利用を終了したときは、速やかに町長に届け出なければならない。

(指定管理者の指定の申請)

第13条 条例第16条第1項の申請は、指定管理者指定申請書(様式第5号)によるものとする。

2 条例第16条第1項第2号の規則で定める書類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 定款、寄附行為、規約その他これらに相当する書類

(2) 法人にあっては、当該法人の登録事項証明書

(3) 非法人にあっては、団体の代表者の身分を証明するもの

(4) 町長が指定する事業年度における収支決算書及び事業報告書

(5) 事業計画書に係る収支見積書

(6) 国税及び地方税の納税証明書

(7) その他町長が必要と認める書類

(指定管理者が管理を行う場合の取扱い)

第14条 指定管理者が会館の管理を行う場合における第2条から第6条まで及び第10条から第12条までの規定の適用については、これらの規定中「町長」とあるのは「指定管理者」と、「使用料」とあるのは「利用料金」と、「様式」とあるのは「指定管理者が定めるもの」とする。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年9月1日から施行する。

(毛呂山町福祉会館使用料条例施行規則の廃止)

2 毛呂山町福祉会館使用料条例施行規則(昭和54年毛呂山町規則第9号)は、廃止する。

附 則(平成20年規則第13号)

この規則は、平成20年10月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の毛呂山町福祉会館条例施行規則の規定は、この規則の施行の日以後の利用に係る使用料について適用し、同日前の利用に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成24年規則第22号)

この規則は、平成24年10月1日から施行する。

別表(第5条関係)

附属設備等

1 ホール及び楽屋

区分

器具名

単位

使用料

備考

舞台設備

講演台

1式

1,000円

花台を含む。

司会者台

1台

200円

 

長机

1台

100円

 

椅子

1脚

50円

 

反響板

1式

3,000円

 

ピアノ(グランド)

1台

1,000円

調律料を含まない。

指揮者台

1式

200円

譜面台を含む。

譜面台

1台

50円

 

平台

1台

100円

 

箱足・中足・高足

1台

50円

 

所作台

1式

3,000円

 

松羽目

1式

1,000円

 

金屏風

1双

1,000円

 

緋毛せん

1枚

100円

 

長座布団

1枚

100円

 

高座用座布団

1枚

100円

 

上敷ござ

1枚

100円

 

めくり台

1台

100円

 

大太鼓

1台

500円

 

地がすり

1枚

500円

 

(紗幕)

1枚

500円

 

(国旗・町旗)

1枚

200円

 

照明設備

ピンスポットライト

1台

1,000円

 

第2ボーダーライト

1列

500円

 

アッパーホリゾントライト

1列

1,000円

 

ロアホリゾントライト

1列

1,000円

 

スポットライト(0.5kw)

1灯

100円

 

(1kw)

1灯

200円

 

ハロゲンスポットライト(0.5kw)

1灯

200円

 

〃 (1kw)

1灯

400円

 

効果用プロジェクター

1台

400円

 

エフェクトマシン

1台

400円

 

ダブルマシン

1台

400円

 

ITO

1台

300円

 

パーライト

1台

400円

 

LEDパーライト

1台

200円

 

メラマシン

1台

600円

 

先玉

1個

100円

 

ディスク

1枚

200円

 

ドラムマシン

1台

500円

 

波のエフェクト

1台

500円

 

ストロボマシン

1台

500円

 

B―MAX

1台

200円

 

フットライト

1列

500円

 

ミラーボール

1台

500円

 

移動照明器具スタンド

1台

100円

 

音響設備

ワイヤレスマイク

1本

1,000円

1チャンネル

エレベーターマイク装置

1式

500円

マイクは別料金

3点吊マイク装置

1式

500円

マイクは別料金

コンデンサーマイク

1本

500円

 

ダイナミックマイク

1本

200円

 

マイクスタンド

1台

100円

 

ステージスピーカー

1台

500円

 

はね返りスピーカー

1台

300円

 

カセットテープデッキ

1台

500円

 

MDデッキ

1台

500円

 

CDプレーヤー

1台

500円

 

ポータブルミキサー

1台

1,000円

 

その他

ビデオプロジェクター

1台

1,000円

 

ブルーレイ・DVDレコーダー

1台

500円

 

スクリーン

1式

1,000円

 

電源(持込器具用)

1コンセント

100円

 

備考 使用料は午前、午後又は夜間を各1回として計算する。

2 ホール附加金

 

午前

午後

夜間

全日

平日

1,500

3,000

3,000

6,700

土曜・日曜・祝日

2,000

4,000

4,000

9,000

備考 次の期間のホールの利用について適用する。ただし、冷暖房設備を使用しないときは適用しない。

(1) 夏期 6月1日から9月30日まで

(2) 冬期 11月1日から4月30日まで

3 会議室

区分

器具名

単位

使用料

備考

各室共通

ワイヤレスマイク

1本

500円


マイク(コード付)

1本

100円


電源(持込器具用)

1コンセント

100円


インターネット回線

1回線

1,000円

第3会議室

備考 使用料は午前、午後又は夜間を各1回として計算する。

画像

画像

画像

様式第4号 削除

画像

毛呂山町福祉会館条例施行規則

平成18年6月15日 規則第22号

(平成24年10月1日施行)