○毛呂山町学童保育所の設置及び管理に関する条例

平成6年3月25日

条例第6号

(目的及び設置)

第1条 この条例は、毛呂山町立小学校に在学している児童のうち父母又はこれに代わる者(以下「保護者」という。)の就労等により、家庭が常時留守になっている児童の健全な育成を図るため、毛呂山町学童保育所(以下「学童保育所」という。)を設置する。

(名称等)

第2条 学童保育所の名称、位置及び入所定員は、次のとおりとする。

名称

位置

入所定員

毛呂山町岩井第一学童保育所

毛呂山町岩井西4丁目2番地1

50人

毛呂山町岩井第二学童保育所

毛呂山町岩井西4丁目2番地1

50人

毛呂山町川角学童保育所

毛呂山町大字川角309番地1

60人

毛呂山町泉野学童保育所

毛呂山町大字岩井729番地2

70人

(職員)

第3条 学童保育所に、所長その他必要な職員を置く。

(入所児童)

第4条 学童保育所に入所できる児童は、第1条に定める児童のうち小学校の児童とする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、保育を必要とするその他の児童を入所させることができる。

(入所手続)

第5条 学童保育所に入所しようとするときは、規則で定めるところにより、当該入所しようとする者の保護者が、申請の手続を行うものとする。

(休所日)

第6条 学童保育所の休所日は、次のとおりとする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 1月2日、同月3日及び12月29日から同月31日までの日

(開所時間)

第7条 学童保育所の開所時間は、規則で定める。

(措置の解除)

第8条 町長は、入所児童に対し措置の必要がなくなったと認めたときは、その措置を解除することができる。

(損害賠償)

第9条 学童保育所の使用者は、自己の責めに帰すべき事由により、その使用中に学童保育所の設備、備品等を破損又は亡失したときは、これを修理し、若しくは損害を賠償しなければならない。ただし、町長が当該行為について特に理由があると認めたときは、この限りでない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成10年条例第16号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成18年条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年条例第27号)

この条例は、平成21年10月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第12号)

この条例は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)の施行の日から施行する。

附 則(平成28年条例第10号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年条例第6号)

この条例は、公布の日から施行する。

毛呂山町学童保育所の設置及び管理に関する条例

平成6年3月25日 条例第6号

(平成30年3月9日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 児童福祉
沿革情報
平成6年3月25日 条例第6号
平成10年3月25日 条例第16号
平成18年6月8日 条例第27号
平成20年12月9日 条例第27号
平成21年9月29日 条例第27号
平成26年9月10日 条例第12号
平成28年3月10日 条例第10号
平成30年3月9日 条例第6号