○毛呂山町家族介護用品等給付事業実施要綱

平成12年3月31日

告示第35号

(目的)

第1条 この要綱は、在宅の高齢者を介護する者に対し、介護に必要な紙おむつその他の用品(以下「介護用品等」という。)を給付することにより家族の身体的、精神的、経済的負担を軽減することを目的とする。

(対象者)

第2条 介護用品等の給付を受けることのできる者は、町内に住所を有するおおむね65歳以上の在宅の高齢者で次の各号のいずれかに該当し、介護用品等を必要とする者を介護しているものとする。

(1) 失禁の状態にあり、排泄の介助が常時必要な者

(2) その他町長が認める者

(給付)

第3条 給付の対象となる介護用品等は、次に掲げるものとする。

(1) 紙おむつ

(2) 尿取りパット

2 介護用品等は、月額5,000円(消費税を含む。)の範囲内で現物で給付する。

(給付の申請)

第4条 介護用品等の給付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、家族介護用品等給付申請書(様式第1号)を、町長に提出しなければならない。

(給付の決定)

第5条 町長は、申請書の提出があったときは、その内容を審査し、給付の可否を決定し、家族介護用品等給付決定・却下通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(登録)

第6条 町長は、前条の規定により給付することを決定したときは、家族介護用品等給付登録簿(様式第3号)に記載するものとする。

(給付期間)

第7条 介護用品等の給付期間は、申請のあった日の属する月の翌月から受給資格の喪失した日の属する月までとする。

(自己負担額)

第8条 介護用品等の給付を受けた者(以下「利用者」という。)は、第3条第2項の規定による当該給付に要した費用の1割に相当する額を負担するものとする。

(運営)

第9条 町長は、この事業の一部を社会福祉法人等に委託することができる。

2 町長は、第5条の規定により介護用品等を給付することを決定したときは、家族介護用品等給付事業実施通知書(様式第4号)により受託者に通知するものとする。

(禁止行為)

第10条 利用者は、給付された介護用品等を給付の目的以外に使用してはならない。

(異動の届出)

第11条 利用者は、申請した内容に変更があったときは、家族介護用品等給付事業異動届出書(様式第5号)を、速やかに町長に提出しなければならない。

(給付中止等)

第12条 町長は、介護用品等の給付を不必要と認めたときは、給付の中止又は停止を決定し、家族介護用品等給付中止・停止決定通知書(様式第6号)により通知するものとする。

2 利用者は、介護用品等の給付を中止しようとするときは、家族介護用品等給付事業異動届出書(様式第5号)により町長に届け出なければならない。

(報告)

第13条 受託者は、介護用品等を配達した月の翌月10日までに、家族介護用品等給付報告書(様式第7号)により町長に報告するものとする。

(その他)

第14条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成16年告示第15号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年告示第144号)

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第55号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

毛呂山町家族介護用品等給付事業実施要綱

平成12年3月31日 告示第35号

(平成28年4月1日施行)