○毛呂山町家族介護者交流事業実施要綱

平成12年3月31日

告示第33号

(目的)

第1条 この要綱は、在宅でねたきりの高齢者及び認知症の高齢者を介護している者を日常の介護から一時的に開放させ、長期介護による心身の疲労をいやすとともに、介護する者同士の交流を図ること等により、介護する者が気分をあらたにして介護に取り組めるよう、心身の元気回復を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は、町内に住所を有するおおむね65歳以上の在宅で常時ねたきりの状態又は認知症の状態にある高齢者を介護しているものとする。

(事業の内容)

第3条 事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 介護者交流会

(2) 介護方法に関する相談・指導

(3) 介護技術の習得支援

(委託)

第4条 町長は、この事業を社会福祉法人等に委託して実施するものとする。

(委託料)

第5条 町長は、前条の委託について予算の範囲内で、別に定める契約額を委託料として支払うものとする。

(報告)

第6条 第4条の規定により委託を受けた社会福祉法人等は、事業を実施した日から10日以内に、家族介護者交流事業実施報告書(様式第1号)により町長に報告するものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年告示第124号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

毛呂山町家族介護者交流事業実施要綱

平成12年3月31日 告示第33号

(平成17年11月22日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
平成12年3月31日 告示第33号
平成17年11月22日 告示第124号