○毛呂山町在宅重度心身障害児(者)紙おむつ等給付事業実施要綱

平成12年9月29日

告示第71号

(目的)

第1条 この要綱は、常時紙おむつ等を必要とする在宅重度心身障害児(者)(以下「障害児(者)」という。)に対し、紙おむつ等を給付することにより、障害児(者)及びその家族の経済的負担の軽減を図り、もって福祉の向上に資することを目的とする。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は、町内に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する在宅の障害児(者)で、排泄の介護を常時必要とするものとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者で、当該障害の程度が身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号に定める1級又は2級に該当する3歳以上65歳未満のもの

(2) その他町長が認める者

(給付)

第3条 給付の対象となる紙おむつ等の品目は、次に掲げるものとする。

(1) 紙おむつ

(2) 尿取りパット

2 紙おむつ等は、月額5,000円(消費税を含む。)の範囲内で現物で給付する。

(申請)

第4条 紙おむつ等の給付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、重度心身障害児(者)紙おむつ等給付申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(決定及び通知)

第5条 町長は、申請書の提出があったときは、速やかに調査を行い、給付の可否を決定し、重度心身障害児(者)紙おむつ等給付決定・却下通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(台帳の整備)

第6条 町長は、前条の規定により給付することを決定したときは、重度心身障害児(者)紙おむつ等給付台帳(様式第3号)に記載するものとする。

(給付期間)

第7条 紙おむつ等の給付期間は、申請のあった日の属する月の翌月から受給資格の喪失した日の属する月までとする。

(自己負担額)

第8条 紙おむつ等の給付を受けた者(以下「利用者」という。)は、家計の負担能力その他の事情をしん酌して障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第29条第4項に規定する政令で定める額を負担するものとする。ただし、当該政令で定める額が、第3条第2項の規定による当該給付に要した費用の100分の10に相当する額を超えるときは、当該100分の10に相当する額とする。

(自己負担額の免除)

第9条 町長は、利用者の属する世帯(利用者が18歳以上の場合にあっては利用者及びその配偶者を世帯とし、利用者が18歳未満の場合にあってはその者が属する世帯とする。)が次の各号のいずれかに該当するときは、自己負担額について、全額免除することができる。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯(単給世帯を含む。)及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)による支援給付受給世帯

(2) 当該年度(給付日の属する月が4月から6月までの場合については、前年度)の市町村民税が非課税である世帯

(運営)

第10条 町長は、この事業の一部を社会福祉法人等に委託することができる。

2 町長は、紙おむつ等を給付することを決定したときは、重度心身障害児(者)紙おむつ等給付事業実施通知書(様式第3号の2)により受託者に通知するものとする。

(禁止行為)

第11条 利用者は、給付された紙おむつ等を給付の目的以外に使用してはならない。

(給付の取消)

第12条 町長は、利用者の紙おむつ等の利用が次の各号のいずれかに該当するときは、紙おむつ等の給付を取り消すことができる。

(1) 前条の規定に違反するとき。

(2) 偽り又は不正の手段により紙おむつ等の給付を受けたとき。

2 町長は、前項の規定により紙おむつ等の給付の取消しを決定したときは、重度心身障害児(者)紙おむつ等給付取消決定通知書(様式第4号)により、利用者に通知するものとする。

(届出)

第13条 利用者は、次の各号のいずれかに該当するときは、重度心身障害児(者)紙おむつ等給付内容異動届出書(様式第5号)を、速やかに町長に届け出なければならない。

(1) 利用者が第2条に規定する要件を備えなくなったとき。

(2) 利用者の氏名、住所等に変更があったとき。

(3) 他の福祉制度で給付を受けるようになったとき。

(4) 紙おむつ等の給付を辞退するとき。

(報告)

第14条 受託者は、紙おむつ等を配達した月の翌月10日までに、重度心身障害児(者)紙おむつ等給付事業実施報告書(様式第6号)により町長に報告するものとする。

(その他)

第15条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、平成12年4月1日から適用する。

附 則(平成15年告示第6号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年告示第6号)

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年告示第31号)

この告示は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年告示第49号)

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年告示第41号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年告示第103号)

この告示は、平成26年10月1日から施行する。

附 則(平成27年告示第103号)

この告示は、平成27年8月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第55号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第103号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

毛呂山町在宅重度心身障害児(者)紙おむつ等給付事業実施要綱

平成12年9月29日 告示第71号

(平成28年6月15日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 障害者福祉
沿革情報
平成12年9月29日 告示第71号
平成15年1月10日 告示第6号
平成18年1月25日 告示第6号
平成22年3月25日 告示第31号
平成24年3月30日 告示第49号
平成25年3月25日 告示第41号
平成26年8月29日 告示第103号
平成27年7月14日 告示第103号
平成28年3月31日 告示第55号
平成28年6月15日 告示第103号