○毛呂山町指定通所介護事業所運営規則

平成13年3月22日

規則第15号

(事業の目的)

第1条 この規則は、毛呂山町デイサービスセンター条例(平成13年毛呂山町条例第8号。以下「条例」という。)に基づき設置する老人デイサービスセンターにおいて、毛呂山町が開設する指定通所介護事業所毛呂山町デイサービスセンター(以下「事業所」という。)が行う指定通所介護事業(以下「事業」という。)の適正な運営を確保するため、人員及び管理運営に関する事項を定め、要介護状態又は要支援状態にある高齢者等(以下「要介護者等」という。)に対し、適正な通所介護を提供することを目的とする。

(運営の方針)

第2条 事業の実施に当たっては、利用者である要介護者等の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に努めるものとする。

2 事業所の職員は、利用者がその有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう、必要な日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の社会的孤立感の解消及び心身機能の維持並びに利用者の家族の身体的、精神的負担の軽減を図るものとする。

3 事業の実施に当たっては、地域との結びつきを重視し、関係市町村、居宅介護支援事業者及び他の居宅サービス事業者並びにその他の保健医療サービス及び福祉サービスを提供する者との綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。

(事業所の名称等)

第3条 事業を行う事業所の名称、所在地、事業単位及び定員は、次のとおりとする。

(1) 名称 毛呂山町デイサービスセンター

(2) 所在地 毛呂山町大字川角303番地3

(3) 事業単位 1単位

(4) 定員 32人

(事業所の職員の職種、員数及び職務内容)

第4条 事業所に勤務する職員の職種及び員数は次のとおりとする。

(1) 管理者 1人(常勤職員1人)

(2) 生活相談員 1人(常勤職員1人)

(3) 看護職員 1人以上(非常勤職員1人以上)

(4) 介護職員 5人以上(非常勤職員5人以上)

(5) 機能訓練指導員 1人以上(看護職員兼務)

(6) 調理員 1人以上(非常勤職員1人以上)

(7) 運転手 1人以上(非常勤職員1人以上)

2 前項に規定する事業所職員の職務内容は次のとおりとする。

(1) 管理者は、所属の職員の管理及び業務の管理を一元的に行う。

(2) 生活相談員は、利用者及び家族等からの相談に応じるとともに職員への指導、事業計画の作成及び関係機関との連絡調整等を行う。

(3) 看護職員は、利用者の健康状態の確認、保健衛生士の指導及び看護を行う。

(4) 介護職員は、利用者の入浴、食事等の介助及び援助を行う。

(5) 機能訓練指導員は、身体機能の減衰を防止するための訓練を行う。

(6) 調理員は、献立に基づき、給食を調理し、配膳を行う。

(7) 運転手は、利用者の送迎のほか、通所介護の提供に従事する。

(営業日及び営業時間)

第5条 事業所の営業日及び営業時間は次のとおりとする。ただし、町長は、事業所の管理上必要があると認めるときは、これを変更し、又は臨時に休業日を定めることができる。

(1) 営業日 月曜日から土曜日までとする。ただし、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに1月2日、同月3日及び12月29日から同月31日までの日を除く。

(2) 営業時間 午前10時から午後4時までとする。

(サービス提供の留意事項)

第6条 通所介護の留意事項は次のとおりとする。

(1) 通所介護の提供に当たっては、次条第1項に規定する通所介護計画に基づき、利用者の機能訓練及びその者が日常生活を営む上で必要な援助を行う。

(2) 職員は、通所介護の提供にあたり懇切丁寧に行うことを旨とし、利用者又は家族等に対し、サービスの提供方法等について、理解しやすいように説明を行う。

(3) 通所介護の提供に当たっては、介護技術の進歩に対応し、適切な介護技術をもってサービスの提供を行う。

(4) 通所介護は、常に利用者の心身の状況を的確に把握しつつ、相談援助等の生活指導、機能訓練その他必要なサービスを利用者の希望に添って適切に提供する。特に、認知症の状態にある要介護者等に対しては、必要に応じ、その特性に対応したサービスの提供ができる体制を整える。

(通所介護計画の作成)

第7条 管理者は、利用者の心身の状況及び意向並びにその置かれている環境を踏まえて、機能訓練等の目標、当該目標を達成するための具体的なサービスの内容等を記載した、通所介護計画を作成するものとする。

2 管理者は、前項の通所介護計画を作成したときは、利用者又はその家族に対し、その内容等について説明するものとする。

3 通所介護計画の作成に当たっては、既に居宅サービス計画が作成されている場合は、その内容に沿って計画を作成するものとする。

4 職員は、それぞれの利用者について、通所介護計画に従ったサービスの実施状況及び目標の達成状況を説明し記録するものとする。

(通所介護の利用料及びその他の費用の額)

第8条 通所介護の利用料は、条例第7条第1項に定める使用料とする。

2 その他の費用として、次に掲げる費用の支払いを受けることができるものとする。

(1) 次条に定める通常の事業の実施地域を越えて行う送迎に要する費用

 事業所から片道概ね10キロメートル未満 1,000円

 事業所から片道概ね10キロメートル以上 1,500円

(2) 食費 1食当たり 660円

(3) その他の日常生活上の便宜に係る費用実費

3 前項の費用の支払いを受ける場合は、利用者又はその家族に対し事前に説明を行い、支払いに同意する旨の文書に署名、押印を受けることとする。

(通常の事業の実施地域)

第9条 通常の事業の実施地域は、毛呂山町、坂戸市、越生町及び鳩山町の区域とする。

(サービス利用に当たっての留意事項)

第10条 利用者は、サービスの利用に当たって、主治の医師からの指示事項等がある場合には、申し出るものとする。

2 管理者は、サービスの提供に当たって、利用者の体調不良等により通所介護を受けることに適さないと判断したときは、その提供を中止することができる。

(緊急時等における対応方法)

第11条 職員は、サービス提供時に利用者の病状の急変その他緊急事態が生じたときは、速やかに主治の医師及び家族等に連絡するとともに、必要に応じて応急の手当てを行うなど適切な措置を行うものとする。

(非常災害対策)

第12条 事業者は、非常災害に関する計画を立て、定期的に非難、救出などの必要な訓練を行うものとする。

(その他運営に関する重要事項)

第13条 事業者は、職員の資質向上を図るため研修の機会を次のとおり設けるとともに、業務体制を整備する。

(1) 採用時研修 採用後1か月以内

(2) 継続研修 年1回以上

2 職員は、職務上知り得た利用者又は家族等の秘密を保守するものとし、その職を退いた後も同様とする。

(委任)

第14条 この規則に定めるもののほか、事業所の管理運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第23号)

この規則は、平成13年6月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第43号)

この規則は、平成13年10月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第45号)

この規則は、平成13年12月1日から施行する。

附 則(平成14年規則第29号)

この規則は、平成14年12月1日から施行する。

附 則(平成15年規則第34号)

この規則は、平成15年10月1日から施行する。

附 則(平成16年規則第6号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第33号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の毛呂山町指定通所介護事業所運営規則の規定は、平成17年10月1日から適用する。

附 則(平成20年規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

毛呂山町指定通所介護事業所運営規則

平成13年3月22日 規則第15号

(平成20年4月14日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
平成13年3月22日 規則第15号
平成13年5月30日 規則第23号
平成13年9月28日 規則第43号
平成13年11月28日 規則第45号
平成14年11月26日 規則第29号
平成15年9月24日 規則第34号
平成16年3月1日 規則第6号
平成17年10月21日 規則第33号
平成20年4月14日 規則第23号