○毛呂山町表彰規則

昭和57年8月20日

規則第14号

(目的)

第1条 この規則は、町政に功労顕著な者及び社会文化の興隆に寄与し、公益上功労又は善行があつた者を表彰し、もつて本町の自治の振興を促進することを目的とする。

(表彰の種類)

第2条 表彰は、特別有功表彰及び有功表彰並びに善行表彰の3種類とする。

2 特別有功表彰は、次の各号の一に該当する者について行う。

(1) 町長として在職満12年以上の者

(2) 町議会の議員で在職満20年以上の者

(3) 永年にわたり、公益及び振興発展に寄与した者のうち、特に功績顕著なもの

3 有功表彰は、次の各号の一に該当する者について行う。

(1) 町議会の議員で在職満12年に達した者

(2) 前号以外の地方自治法(昭和22年法律第67号)による執行機関の委員で在職満16年に達した者

(3) 町長で在職満10年に達した者

(4) 副町長及び教育長で在職満12年に達した者

(5) 町の職員で在職満25年に達し、誠実に努め、職務に精励した者

(6) 産業の開発振興に貢献した者のうち、功績顕著なもの

(7) 教育、文化及び体育の向上に寄与した者のうち、功績顕著なもの

(8) 社会福祉の増進に寄与した者のうち、功績顕著なもの

(9) その他、地方自治の振興に貢献した者のうち、功績顕著なもの

4 善行表彰は、団体又は個人で、次の各号の一に該当するものについて行う。

(1) 交通安全、災害の防止、水防業務等の町民生活安定に尽力し、その功績が特に優れたもの

(2) 自己の生命、利害を省みることなく一般の模範となるような善行をしたもの

(3) 徳行が特に優れ他の模範となるもの

(4) 町の公益のため多額の金品を寄附したもの

(表彰の方法)

第3条 表彰は町長が行い、表彰状に特別有功又は有功若しくは善行褒章(以下「褒章」という。)並びに副賞を添え授与する。ただし、職員には褒章の授与は行わない。

2 一度表彰を受けた者が、更に表彰に値する理由が生じたときは、表彰することができる。ただし、褒章の授与は行わない。

3 表彰される者が、表彰前に死亡したときは、表彰状に褒章及び副賞を添え、その遺族に授与する。

(表彰の登録及び待遇)

第4条 特別有功表彰又は有功表彰若しくは善行表彰を受けた者(以下「被表彰者」という。)は、表彰者名簿に登録し、終身町の重要な儀式において特別の待遇を受ける。

2 被表彰者が死亡したときは、町長は弔意を表する。

3 被表彰者が成年被後見人又は被保佐人となる等町長が不適当と認めたときは、その間第1項の待遇を停止する。

4 被表彰者が禁錮以上の刑に処せられたときは、第1項の待遇を廃止する。

(表彰の特例)

第5条 功績の著しい者が危篤の際は、第2条第3項の適用についての在職年数を短縮し、表彰することができる。

(表彰日)

第6条 表彰は、毎年町長が定める日に行う。ただし、特別の事情があるときは、その都度表彰することができる。

(委任)

第7条 この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 毛呂山町表彰規程(昭和45年毛呂山町規則第4号)は、廃止する。

附 則(昭和61年規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年規則第7号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第46号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に助役として在職した期間は、副町長として在職した期間とみなす。

附 則(平成25年規則第13号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年規則第22号)

この規則は、公布の日から施行する。

毛呂山町表彰規則

昭和57年8月20日 規則第14号

(平成26年10月17日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
昭和57年8月20日 規則第14号
昭和61年4月1日 規則第23号
平成12年2月16日 規則第7号
平成18年12月21日 規則第46号
平成25年3月25日 規則第13号
平成26年10月17日 規則第22号